福岡のような大きな都市になるとモビットのローン申込機も多く設置されています。
ご存知の方も多いのではないでしょうか。

モビットに申し込みをするときには便利なローン申込機ですが、本人確認書類のほかに収入証明書類などの用意も必要なのではないかと考えているかもしれません。
確かに収入証明書類が必要な場合もあります。
審査の状況によって必要になるかもしれないというのではなく、収入証明書類の提出が必要か否か、今、確認することができます。
現在他社からの借り入れ金額がなく、モビットが初めてのキャッシングという方は50万円以内の希望金額であれば収入証明書類の提出はいりません。
また、他社からの借入金額もあった場合には、その借入残高とこれからモビットに申し込みを希望している金額をあわせた総額が100万円以下であれば収入証明書類の提出は必要ありません。
つまり、1社からの借り入れ金額が50万円超、貸金業全体からの借り入れ総額が100万円超となった場合にのみM収入証明書類の提出が必要ということになります。

これはモビットが決定したことではありません。
貸金業法の総量規制という法律によって決められています。
総量規制では個人の貸金業からの借り入れ総額を年収の3分の1までと決めており、その範囲に収まることを確認するため、一定額以上の借り入れになったときには収入を確認することとなっています。
個人の多重債務を防止するために作られた法律が総量規制です。

モビット即日融資申し込み方法ポイントまとめ【条件・時間】はこちら